新竹肉団子と言えば、新竹市民が第一に思いつく名前です。「海瑞貢丸」の創立者である黃海瑞さんは当時新竹で肉団子を製造、経営した第一人者であります。 黃海瑞さんは1930年に新竹市の埔仔頂(現在の埔頂)に生まれ、15歳の時に手に職をつけるために肉団子の作る方法を学ぶ始めました。18歳の時に南門市場で麺の店を創業しました。品質がいい事からまたたくまに口コミで評判が広まり、 海瑞肉団子の名前は知れ渡りました。

当初はごく普通の麺と肉団子の小さいお店でしたが、より良い味を求めて 黃海瑞さんは閉店後も今の製方を生み出すために試行錯誤しました。新鮮な豚もも肉で手作りされた肉団子は他の肉団子と違い、美味しく歯応えも良く大人気でした。不眠不休で取り組んでついに満足のいく味を発見しました。

厳選された100%の豚もも肉と自然由来のウドとクコ、キノコ、酸菜、イカ墨などの健康食材を使い、百年来の製法と三代続く秘伝の製法を用いました。包装の見た目も綺麗で厳しい品質管理の元で衛生包装され、歯応えが良く味が本格的な健康肉団子が海瑞肉団子シリーズに加わりました。