• 多くな人が知ってる新竹の特産「新竹ビーフン」は別名「炊粉」と呼ばれてます。新竹の気候が粗くしめた「水粉」を乾燥する事に適し、全国で有名になりました。戦後、独自の技術と品質で、細くて弾力がいい炊粉を作る事が出来たので、海外にも知られようになりました。

  • 全国のビーフンの作り方はほぼ一緒ですが、新竹は風があるから、他のライバルがいません。ビーフンは風に吹かされないと、日当たりがどれだけ良くても、乾いてる状態では保存できません。ビーフンを最もいい状態にするには、半日もしくは一日風に当てて乾燥させます。もし二日間だと味も色合いもとても落ちていまいます。

  • ビーフンの作り方はまずお米をきれいに清浄し、米粒が柔らかく膨らむまで水に浸します。そして石ウスで引き、米汁の状態になってからまた袋に入れ、押して粉状になるまで乾燥させます。また粉状の物をまんじゅうのように一つ一つに分けます。それを蒸すもしくは煮して、三、四分熟成させた後、「舂臼」に入れこね、その後「米粉車」に入れ線状にします。

    「炊粉」 線状になったビーフンを蒸籠で蒸し、また手で引き伸ばします。「蒸す」の台湾語は「炊」、ですから名前は炊粉になりました。

    「水粉」 水粉は普通のビーフンより太く、お湯に入れてから粘りが出るので、またしばらく冷たい水に浸します。水から出した状態はヌルヌルな感じなので、名前は水粉と呼ばれました。