まずは厳選された新鮮な豚もも肉を選び、筋膜と組織を除いて肉の部分だけ残し、精肉だけを取ってまた刻みます。肉の鮮度を保つために、処理中は常に15度以下に抑えます。次はペースト状にします。これは肉団子を作る上で最も重要な部分です。職人は肉の特性を活かして、作られた肉団子は歯応えが良くジューシーです。これは長年の経験がないと作れません。最後は豚肉のペーストを小さく丸い形にして一つ一つお湯にゆっくり入れ茹でます。

海瑞肉団子が新竹の肉団子の代名詞になったゆえは、新鮮な材料で肉団子を製作する以外、厳しい審査基準の下の製作工程で、60年以上の経験と技術を持ち、お客様に安心され、全国の肉団子メーカーの中のリーダー的な存在になりました。

  • 厳選した新鮮な豚肉を使い、独自の技術で無添加、手作りの新鮮な摃丸。

  • まず新鮮な豚肉の皮、脂身と筋膜を取り除き、スライスにする。

  • 豚肉を細かく挽き、低温にして鮮度を保つ。ペースト状にする準備をする。

  • 調味料を入れて、挽肉をペースト状まで擂り潰す

  • 肉のペーストを一つ一つの丸い肉団子にする。

  • お湯で10 ~ 15 分ぐらい煮る(時間の長さは団子の量によって調整する)。

  • 扇風機で冷ます。或いは冷房の効いた部屋に置いて早く冷却させる。

  • 冷却した摃丸を密封して、商品として売り出す。